産後の抜け毛の女性用育毛剤の選び方

産後の抜け毛の女性用育毛剤の選び方

 

産後、抜け毛が増えて薄毛に悩む女性が少なくありません。産後は、女性ホルモンのバランスが崩れて抜け毛が増えるのです。時間が経てば、女性ホルモンのバランスが整い、抜け毛が減るのですが、いつまでたっても抜け毛が減らない方もいるようです。二人目を産んだ方に多く見られます。産後の抜け毛や薄毛が改善しない場合は、女性用育毛剤を使ってみましょう。早めに対処することで、ふさふさの髪を取り戻すことが期待できます。

 

しかし、授乳中に育毛剤を使って赤ちゃんに影響がないか心配ですよね。産後の抜け毛や薄毛にはどういった育毛剤がよいのでしょうか。

 

女性は、必ず女性用の育毛剤を使用しましょう。産後の薄毛は、男性の薄毛とは原因が違うので、女性用育毛剤が必要です。また、男性用育毛剤には副作用の心配がある成分が使用さています。ミノキシジルが配合された育毛剤で、吐き気、手足のしびれ、低血圧などの副作用がでたという報告があります。女性用育毛剤にはこういった成分が含まれていません。

 

産後の薄毛は、ホルモンバランスの乱れが原因なので、女性ホルモン調整作用がある成分を使用した女性用育毛剤がおすすめです。
女性ホルモン調整作用がある成分には、カンゾウエキス・クララエキス・ヨモギエキス・オトギリソウエキス・フラボステロンなどがあります。頭皮が炎症を繰り返すと毛根が傷つき、抜け毛が増えしまいます。カンゾウエキスには抗炎症作用もあり、皮脂の酸化や雑菌の繁殖による炎症を抑えます。

 

授乳中の方は、赤ちゃんへの影響が心配なので、無添加のものを選びましょう。女性用育毛剤は、肌が弱い女性のことを考えて、香料・着色料・パラべン・アルコール・合成界面活性剤など刺激になる成分を使っていないものが多くあります。赤ちゃんは匂いに敏感で、育毛剤の匂いを嫌がることがあります。匂いが気になるときは無香料の育毛剤を選びましょう。でも、女性は髪からよい香りを漂わせていでたいすよね。よい香りが欲しいときは、赤ちゃんが嫌がらないことを確かめてください。