男性用と女性用育毛剤の違い

男性用と女性用育毛剤の違い

 

男性の多くの方の薄毛は、AGAです。AGAは、男性ホルモンのテストステロンが、酵素によって変換されてできるDHTという物質が原因です。AGAの部位は、他の部位に比べてDHTが多く検出されます。

 

女性の薄毛や抜け毛の原因は、ストレスやホルモンバランス、栄養バランスの乱れです。男性とは原因が違うので、必要な育毛剤も違います。女性には女性用育毛剤が必要です。では、男性用育毛剤と女性用育毛剤は何が違うのでしょうか。

 

女性用育毛剤は、保湿成分や栄養成分が豊富に含まれている特徴があります。
頭皮は、紫外線、パーマ、ヘアカラー、シャンプーなどで常にダメージを受けていて、頭皮の力が低下して乾燥します。乾燥するとふけやかゆみの悩みが増える、髪の成長が悪くなる、髪が抜けやすくなるなどのトラブルがでてきます。頭皮が潤うことで、頭皮のバリア機能がしっかりと働き、外部刺激に強くなってふけやかゆみの悩みが減少します。頭皮の状態が整い健康な髪が育つ土台ができます。

 

保湿成分にはヒアルロン酸、ローマンカミツレ、ビワ葉エキス、昆布エキスなどを使用しています。
昆布エキスは、女性用育毛剤によく使われる成分です。海藻には、ミネラルが豊富に含まれていて、保湿だけでなく、ミネラル成分が頭皮の状態を整えたり髪の成長を促すことが期待できます。髪を作るにはアミノ酸、ビタミン、ミネラルなどが必要です。口から栄養を摂ることが大切ですが、頭皮から与えることで、栄養が髪の製造工場に届きやすくなります。育毛を助けるアミノ酸や植物エキスで栄養を与えます。

 

肌が弱い女性が多く、育毛剤に使用されている添加物で頭皮のトラブルを招くことがあります。男性用育毛剤には、清涼感を出すためにアルコールを大量に使用していたり、防腐剤も使用されています。女性用育毛剤の場合は肌が弱い女性のことを考えて、合成香料、着色料、アルコール、パラベンなど刺激になるものを使用していないものが多くあります。肌が弱い方でも安心して使用できます。