女性用育毛剤の選び方

女性用育毛剤の選び方

 

少し前までは育毛剤は、男性が使用するものというイメージがありましたが、最近は女性用育毛剤も増えています。出産、ストレス、偏ったダイエット、不規則な生活などが原因で、薄毛や抜け毛に悩む女性が増えているのです。

 

まずは生活習慣を見直すことが大切ですが、育毛剤を使うことで、髪の成長を促進することができます。女性用育毛剤は、通販やドラッグストアなどで、数多くの種類が販売されています。いろいろある中から、自分にあったものをどうやって見つければいいのでしょうか。

 

女性は、敏感肌・乾燥肌で刺激に弱いので、刺激が少ない育毛剤を選びましょう。アルコールは、頭皮に刺激を与えてバリア機能を低下させたり、頭皮の水分を奪って乾燥させてしまいます。清涼感・消毒目的で使われていることがあるので、成分表をよく確かめてください。その他にも香料、着色料、パラベンなどにも気をつけてください。

 

女性用育毛剤は、無添加のものが多く販売されています。育毛剤の表示には、医薬品、医薬部外品、化粧品があります。医薬品は、医師の処方がなければ購入できず効果が高いです。次に効果が高いのが医薬外品で、化粧品は効果・効能を謳うことを禁じられていて、肌の状態を整えるなどの働きがあります。効果が高いものほど副作用もでやすいです。

 

育毛剤の成分には、殺菌、血行促進、栄養補給、保湿、ホルモン調節、毛母細胞活性、毛髪代謝促進などの成分が使用されています。自分の薄毛や抜け毛の原因に合わせて選びましょう。産後や更年期の薄毛は、ホルモンバランスの原因の可能性があるので、女性ホルモン調整剤を配合しているものが適しています。ストレスや不規則な生活もホルモンバランスを乱すので、ホルモンバランス調整剤が効果を発揮するケースがあります。

 

食生活が乱れている方は、栄養補給剤で髪の成長に必要な成分や頭皮を整える成分を補給します。肌が弱い女性は、頭皮が乾燥して頭皮環境が悪くなりやすいので、保湿をして髪が育つ土台を整えましょう。どんな原因の薄毛にも、発毛促進剤や栄養補給剤は効果が期待できます。

 

 

女性用育毛剤選びのポイント

 

最近は、若い女性でも抜け毛や薄毛に悩んでいる方が、とても増えています。

 

女性は、男性以上におしゃれに気を使っていて、様々なヘアケアを行っていますから、パーマやカラーリング、日々のドライヤーなど、頭皮と髪がダメージを受けやすくなっています。そのため、頭皮の活動が低下してしまって、髪の毛のハリやコシが失われて、抜け毛や薄毛になってしまいます。
女性の抜け毛や薄毛を改善していくには、やはり女性用育毛剤を使用するのが効果的です。

 

最近は、パッケージも女性用育毛剤とは解らないようなおしゃれなものも多く、種類も豊富なので、自分に合ったものを選んで使うのが最適です。頭皮がダメージを受けている状態だと、刺激の強い成分が配合されている育毛剤は、頭皮や髪に負担が大きくなって、フケやかゆみ、かぶれなどの原因にもなってしまいます。特にアルコールは、頭皮や髪の乾燥が進みやすくなってしまいますから、避けるのが大切です。

 

他にも、頭皮や髪に刺激を与える化学成分などが使われていない無添加タイプを選ぶようにしましょう。植物由来の天然成分でできているものなら、低刺激で傷んだ頭皮をしっかりと回復させることができます。血行を良くしてくれて、髪が生えてくる元となる毛母細胞に栄養を届けることができるので、頭皮を活性化させることができます。

 

また、フケやかゆみなどの頭皮トラブルを抑えてくれて、健やかな頭皮にしてくれるものを選びましょう。そして、有効な育毛成分が配合されているかどうかも重要です。

 

髪の毛にはヘアサイクルというものがあります。髪が作られてどんどん成長し、いったん成長が止まって抜けていき、次の髪を作るまでの休みの期間があります。これを一サイクルとしてどんどん繰り返していて、このヘアサイクルは約5年程度となります。そのため、育毛ケアの効果が現れてくるのはかなり先のことになりますから、それまで諦めずに育毛剤で正しく頭皮ケアを行うのが重要です。少なくとも半年くらいは同じ育毛剤を継続して使用して、効果を実感するのが良いでしょう。